Corporate mission
The quest for comfortable quality of Live Life


家はただ、そこにある。静かに佇み、家族を見守っているようで、
実は休むことなく働き続けている。家はそもそもポーカーフェイスなのである。
アクシコの家はとりわけ働き者である。その寿命を全うするまで、
神経を研ぎ澄まし働く。耐火、耐震・・・。真価を発揮しないで済む喜びを噛み締めながら。
毎日を楽しむために家はある。社会での肩書きを玄関先で降ろしたら、素の自分に戻してくれる。
遊び、食し、憩い、学び、眠り、語らう。家族の風景を記憶しながら、家は味わいを深めていく。
つねに現在進行形であること。暮らしとともにあること。


最善」なものがいつまでも最善であるとは言えません。記録はつねに破られ、塗りかえられるのです。今日のベストが明日のベターになってしまうことは、むしろ自然な現象とさえ言えるかもしれません。しかしまた同時にいつも最善のものを求める気持ちも、私たちの中には強く存在します。アクシコは、家づくりというものに携わりながら、どうしたらお客様にとってベストであり続ける商品を提供できるのか、日夜そのことをテーマに取り組んでいます。時が流れても、住まう人に最上級の満足を与え続ける家・・・。それは、歳月を経ても魅力を失わない美しいフォルム、揺るぎない安全性・耐久性、昼夜、四季を通して変わることのない快適性、さらには価値に対する高いコストパフォーマンス。住まう人の安心感や満足感を醸成していくような卓越した技術や設計思想を持った住まいなのです。

Ultimate (アルティメイト)
       究極の品質へのアクシコの答えです。